芝刈りで美しい庭を維持する~草取りや間伐で過ごしやすい庭作り~

芝刈りで芝の密度を濃くするテクニック 芝刈りで芝の密度を濃くするテクニック

美しい庭を保つための対策

自宅の庭をきれいに保ちたいなら、植木や芝生の手入れをマメに行なうのが重要です。定期的に、芝刈り草取りや間伐をきちんと行なうことによってもたらされる効果と手入れの注意点について説明します。

住宅の庭を美しく保つ方法

  • 庭に生えてきた雑草を草取りで取り除く
  • 不要な木を伐採し、住宅の日当たりを改善する
  • 芝刈りを行なうことで芝の長さを調整し、庭の美しさをアップ

芝刈りは芝生の成長を促進させます

芝刈りは、適度な長さを維持させるだけでなく、生長を促す効果もあります。上への生長を芝刈りで抑制すると、横へ生長しようとします。葉の密度を横方向に広め、きれいな緑色の絨毯を作り出すために、毎日の手入れは重要です。

雑草の育ちがよくなれば雑草の発生率を下げることが可能です

毎日の芝刈りで、横方面への生長を促進させれば、雑草が生えにくくなります。横方面に伸びて密度を濃くしたおかげで、雑草が葉を突き出すスペースを作らせなくします。芝は、雑草取りの頻度を減らす効果ももたらします。

定期的に芝刈りを行なうことがとても大切

芝刈りは、定期的に行なってこそ成長を促せます。伸びすぎてから刈り取ってしまうと、葉の部分がほとんど失われてしまうので、十分な光合成が出来なくなります。横への生長を促すために、こまめな刈り取り作業を行ないましょう。

芝生の作りに合わせて手入れを実施

芝生

芝手入れで密な生長を促すには、芝に関する知識を深めておきましょう。芝刈りを行なう際、適度な長さに切り揃えるのと、芝に負担をかけない方法をあらかじめ知っておけば、密度の濃い芝生を作り出せます。

芝刈り業者が教える芝生に関する知識

芝生はどういった形になっているのですか?
芝は、上から葉・生長点・直立茎・ほふく茎・根の順で成り立っています。基本的には、芝刈り作業をする場合、目安として葉部分の3分の1程度刈り取るのが望ましいです。適度な高さに揃えれば、横への生長を促進させられます。芝刈り業者に依頼すれば綺麗に芝を整えることが可能です。
間違えて白い茎が見えるまで芝を刈ってしまったのですが大丈夫でしょうか?
生長点がある白い部分まで刈り取ってしまったら、芝に甚大なダメージを与えてしまいます。芝刈り作業で気をつけるべきことは、生長点の切り取りです。生長点以下の部分まで切り取ってしまうと、満足に光合成が出来なくなるので枯れてしまいます。
刈り高は通常どれくらいに設定すればいいんですか?
芝の適切な長さは、基本的には20mm前後が理想的です。芝は短くするほど、きれいな緑色の絨毯みたいに魅せられます。しかし、逆に芝刈りの頻度が多すぎると、不陸修正や水切れ症状などを引き起こしてしまいます。十分な生長を促せなくなり、雑草が生えてしまう隙を与えかねないので、過度に芝刈り作業をやりすぎるのは禁物です。

初めての人でも、芝の生長に関する知識を把握しておけば、適切に芝刈りを行なえます。もし、広範囲に芝を植えるのであれば、効率よく適度な長さに刈り揃えるために、芝刈り機を準備しましょう。

TOPボタン